レザークラフト

【レザークラフト】オルファのアートナイフは牛革を切るのに最適か!?アートナイフプロとの切れ味比較してみた結果!

レザークラフターの間でもはや必需品として知れ渡っている。オルファ社のカッター用品

特に「別たち」は初心者の中で持っていない人が少ないといわれるほど切れ味がよく価格も安いですよね!

そんなオルファ社が誇るナイフ用品のなかで「別たち」に次ぐレザークラフターの必需品の「アートナイフ」について紹介してみようかな~と思います!

オルファ社のアートナイフについて

f:id:Shiohana:20190426235130j:plain

オルファ社のアートナイフは御覧の通り全体的に黄色でとてもシンプルな形をしているアートナイフです。

私がレザークラフトでいつも使っているのがこちらの「10B」と呼ばれる一番ベーシックなタイプのやつですね。

使用材質はプラスチック100%で、グリップの金属に見える部分も再生プラスチック材で制作しているので環境にやさしいらしい。

本当にプラスチックなのか疑って匂いを嗅いだり触ってみても金属にしか見えない・・・と結局まあ、再生プラスチック材がそもそもわからないからまあいいか(笑)と諦めかけましたが、

しっかり公式HPで「グリップに再生プラスチック材(100%)を使用した、環境にやさしい製品です」と書いてあるので間違いないです!

この商品にはそのまま替え刃が付属していて25枚も替え刃が入っています(笑)

f:id:Shiohana:20190428233907j:plain

これ、そんなにすぐ刃がわるくなるわけでも劣化が激しいわけでもないのに25枚も入っているんですよ、たぶん1本買えば数年単位で使うことができると思います・・・

そんなにたくさん替え刃が入っていても値段はすごく安いんですよね、Amazonとかでも500円以下!安い!

100均とかにもアートナイフ系は売っていますがそんなに替え刃が入っているわけでも切れ味がいいわけでもないので本当100円払う分くらいの仕事ができれば満足の場合は問題ないと思います。

レザークラフトではナイフの切れ味は作品の完成度に直結する問題でもありますので500円以下でそれを完璧にこなせるのは心づよい!!

そんなに切れ味いいの?と疑問になるかと思うので、オルファ社のアートナイフで牛革を切ったらどれ程の切れ味なのか、実際にやってみました!!

アートナイフの切れ味検証!

今回使う革は前回の記事で紹介したA4ハギレセットにはいっていた表面加工された牛革です。

f:id:Shiohana:20190427000114j:plain

作品に使うにも色と加工の仕方的に自分の好みに合わなかったので今回の検証につかっちゃいましょう(#^^#)

厚みは2mmちょいくらいでしっかり固め。ナイフの切れ味を検証するにはいい感じの牛革です!

差し金を使って適当な長さで切って、その切れ味、持ちやすさ、重さや使いやすさなどを検証していきます。

早速切り進めてみて・・・

f:id:Shiohana:20190427000735j:plain

こんな感じになりました!

f:id:Shiohana:20190427000826j:plain

やっぱりこのアートナイフはよく切れます(笑)

力加減や慣れもありますが本当に簡単に革を切ることができますね。

軽いので自分の力で重心を決めることができますし、シンプルなグリップではありますが力は入れやすいのでまっすぐ切り込めます。

これを使う前はカッターナイフを使ったり断ち切りばさみなどを使って革を切って加工していた時もありましたがまあ切れない。

断ち切りばさみはちょっといいものがあれば切れるものもあるんですよ。

カッターだと同じ線に2回3回と切れ込みを入れなければ革を切ることができない!!

でも、こいつは1回の通しで真っ二つに切れてくれるのでズレストレス疲れが少なくていい!!

こんなに褒めますが、しっかりした革包丁やカッター、はさみなら革を切ることは勿論可能です。

しかし、アートナイフならほかのカッターなんかより扱いやすく、よりシャープな裁断をすることができますし断然安い。

アートナイフの総合評価

f:id:Shiohana:20190428234106p:plain

オルファ、アートナイフの総合評価!

切れやすさ ★★★★★

持ちやすさ ★★★☆☆

軽さ    ★★★★☆

デザイン  ★★☆☆☆

価格    ★★★★☆

総合評価     ★★★★☆

です!

切れ味は本当に良いと思います。衝撃的なのは切れ味がすごい替え刃が25本ついて500円以下ということですかね(笑)

持ちやすさはグリップや重心の関係的にノーマル。可もなく不可もなく使用者の好みで決まるんじゃないかな?と感じました。

デザインに関しては・・・まあちょっと地味というかよく言えばシンプルですよね、普通の工具というポジションで定着するのではないかと思いますが・・・

デザインが普通でも切れ味はいいから買っちゃう。ってのが大半だとおもいます、デザインで選ぶ代物ではなさそうです。

価格はやっぱり安く感じますね、紹介するために再度購入したので私は今3本所有していますが全然それでも1500円ほどですし替え刃はあまりに余って困るほどです(笑)いつでも使えるのであまり困ってはいませんが!

まだ使ったことがなくて革を切る道具探し中でしたら「別たち」と「アートナイフ」は持っていても損はないと思います。

私自身、切れ味に不満がなくほかのナイフを使わないでいるので一度使ってみてください(#^^#)

今回紹介したアートナイフはこちら!!


たびたび紹介した「別たち」はこちら!!

それでは!!